理想の小顔を手に入れる

鏡を見る女性

小顔の定義とは

芸能人やモデルを見るとそのスタイルに誰もが憧れます。特に8頭身以上のスタイルを見るとためいきが出てしまうほどです。思わず小顔整形でもしてみようかと思ってしまいます。8頭身や9頭身をはかるのは言うまでもなく顔の大きさです。170センチの身長があったとしても5頭身ではスタイルが良いとは言われません。「小顔」と言われるためにはバランスが大切です。日本人女性の平均頭身が6,8頭身ということなので7頭身以上あれば小顔とも取れます。頭頂部から顎までの長さの平均は23,2センチで、横幅の平均は15,7センチです。自分の頭を実際に計測すれば小顔かどうかわかります。小顔で有名な女性歌手は顔の大きさが17センチ、頭囲は51センチという驚きの小ささです。自分の長さと比べるとそれがどんなに小さいのかがわかります。

小顔を目指すなら

いくらマッサージやダイエットで小顔を目指しても、生まれ持った骨格や表情筋があるため限界があります。自分でできることと言えばリンパマッサージくらいでしょうか。本気で小顔を手に入れるにはどうしても小顔整形が必要になってきます。美容整形となるとしり込みして諦める方もいらっしゃるでしょうが、今はもうそんな時代ではありません。小顔整形とは何も顎やエラを削るものばかりではなく、流行のプチ整形でも行えるのです。代表的なものにボットックス注射というものがあります。筋肉の働きを弱め徐々にエラを目立たなくするものです。すぐに効果が出るわけではないので周囲に小顔整形したとばれる不安も解消できますし、日帰りで行えます。また頬に脂肪があって顔が大きく見える方には脂肪吸引という方法もあります。入院の必要がないものもある上に腫れも2〜3日で収まります。このように小顔整形も今はプチ整形でできるのです。敷居が高いと諦めるのは早いのではないでしょうか。